北海道のライフスタイルと防犯について考える。

banner 便利で何でもそろっている都会の喧騒の中で一生を過ごすよりも、少しくらい不自由さを感じても、やっぱりゆったり過ごすことが一番。アウトドアが好きだから、休日はじっくりアウトドアを楽しみたい。だから、北海道に住みたい!豊かな漁場を持つ北海道で、漁師生活に転職したい。など、豊かな大地と海での生活を夢見て移住を考え、新しいライフスタイルを築きたいと思う人が増えています。
牧場や大規模農業、漁業など、自然に触れる職業は山のようにあるし、充実した生活を送りたい。セカンドライフを北海道の離島で。と実際離島に移住した人を知っています。しっかりと状況分析をした上での移住のため、今でも充実した生活を知り合いは送っていますが、どこへ移住生活をするにしろ、事前によく移住先を調べておくことやよほどの覚悟かなければ、しっかりと根を下ろして住み続けることは難しい気がします。

もちろん、北海道といえど、都市部に住めば他の都道府県の都市と同様、忙しく便利な環境です。
ゆったりとした大地で生活していれば、防犯なんてそんなに考えなくてもいいんじゃない?と考えがちですが、実はそうでもありません。他府県同様、特殊詐欺犯罪の発生が増えてきています。住民のつながりの強い離島なら、それなりに地域住民のネットワークが防犯にかなり有効に働きますが、その他の地域となると、隣近所との距離がそれなりに離れていて、個々の防犯対策をしている必要があったり、札幌など大きい都市の場合、他の地域と変わらないレベルの防犯対策が必要です。
ゆったりと夫婦・家族の生活を夢見て移住を考えているのなら、北海道のライフスタイルの実情も知っておかなければなりません。
北海道は開拓から歴史が始っており、夫婦共に働くこととがスタンダードになっています。
男女共に経済的に自立していることが多いため、実のところ離婚率も高めであることは、知っておく必要があるところです。
もしも北海道で生活をしたい。と考えるのなら、防犯事情や北海道の道民性、地域性をしっかりと知った上で計画を立てることをお勧めします。

Copyright(c) 札幌での暮らしや生活環境ひろば All Rights Reserved.