知ってた?札幌の生活環境や暮らしのこんなこと。

札幌といえば、北海道の北海道の経済と文化の中心地。碁盤の目のように街が作られ、街中でありながら、少し外れると自然が豊かで生活するには、環境のいい土地なのではないでしょうか。他の地域から、札幌へ。転勤や移を考える人へ、春夏秋冬、札幌での暮らしや生活環境について紹介します。
札幌は北海道の経済活動の中心地なのはいうまでもなく、北海道内の観光地のひとつの地域として道外からは認知されています。札幌時計台は市役所からすぐ、北大のポプラ並木も札幌駅からさほど遠くない距離にあります。かの有名な『動物のお医者さん』のモデル、北大獣医学部も当然のことながら北大の中にあります。
その『動物のお医者さん』にも出てくる、札幌はもとより、北海道の広範囲で言われている「北海道あるある」知っていますか?
北海道、特に札幌では、カラスに襲われることが多い。
一度体験すれば、トラウマになってしまうかもしれません。

実のところ、知り合いの北海道在住者もカラスに襲われたことがあります。
不注意にも、屋外でコロッケを食べながら歩いていて、頭を足でつかまれたうえに、コロッケを奪われたようです。
『動物のお医者さん』のなかでも、「屋外ジンギスカンでのカラスとの戦い」が描かれている話があります。
北海道民・札幌市民にとって、カラスとの戦いはカラスの繁殖シーズン(4〜7月周辺)だけ注意すればいい「季節の風物詩」ではなく、日々の戦いなのかもしれません。

そんなカラス問題がなければ、自然も豊かで便利、おいしいものがいっぱいある生活環境に恵まれた地、札幌。
札幌市は環境首都・札幌を宣言しているそうです。
地球温暖化などで、日本を取り巻く環境は変わってきています。夏でもすごしやすかった札幌でも、東京や大阪と変わらない気温を示す時もあります。
札幌市の環境への取り組み、気候変動のおかしくなっている今だからこそ、他の都市も見習わなければいけないのかもしれません。

Copyright(c) 札幌での暮らしや生活環境ひろば All Rights Reserved.